ヘンププロテインの実力

ヘンププロテインは麻の種子を原料にして作られている植物性のプロテインです。大豆から製造されるプロテインよりも多くのタンパク質を含んでおり、自然界の中で見つけられる植物性タンパク質としては、最も優れたタンパク質の一つと言えます。
またそれだけではなく不足しがちな必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランス良く摂取できます。

天然セラミドの情報を知りたい方必見です。

亜鉛、カリウム、銅や鉄、マグネシウムといったミネラルに加え、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸といったビタミンと言った栄養素、さらに不溶性食物繊維が豊富に含まれていますので、腸を刺激することで便秘を解消したり、体内をデトックスする効果も期待できます。

信頼性の高いYOMIURI ONLINEは人気のテーマです。

こういった不溶性食物繊維は血糖値を調節する役割も持っています。
また体内で生成することができない必須アミノ酸も9種類全てが含まれています。植物性タンパク質は一般に吸収されにくいと言われていますが、ヘンププロテインは大豆のタンパク質よりもより消化吸収に優れています。



ヘンププロテインは原料が通常のプロテインとは異なるため、味に関しても大きな違いが出てきます。
大豆が原料のプロテインがきなこのような風味がするのに対して、麻の種子を原料にするヘンププロテインはナッツのような風味がします。
スムージーやジュースに混ぜて、飲むのが一般的な摂取方法ですが、人によってはメープルシロップと一緒にお湯に入れて飲んだり、お茶に混ぜて飲む方法もあります。